始めはメルマガ読者、4名でした。しかも、妻と私それぞれのケータイとパソコンのみ…(泣)



まさか、信じれませんでした。
自分のしでかしてしまったことに…。

だって、ほんの少し前までは、ストレスの毎日に流され、
人生を諦めかけていたんですから…。

もう、疲れていました。

折からの不況に、のしかかるマンションローン、
社内の昇級試験は滑りまくり、お酒の量も徐々に増え…、
じりじりと焦燥感ばかりが募る日々を過ごしていました。

かのジョン・レノンに憧れ、家事・育児を担当することを宣言したのですが、
思いのほか大変で、これまた気持ちに重くのしかかってきました。

で、あるとき、ふと思ったんです。

不満だらけの毎日を何とか変えることはできないのか?って。

だって、そのまま進むことに、ほとほと嫌気が差していたんです。

どうせこのまま進んでいっても、パッとしないうだつの上がらない、
フラストレーションに満ち溢れた毎日を過ごすくらいだったら…、
ここはひとつ、何かやってみるか!
ということで、はじめて自分の足で立とうとしたんです。

これまでは、人生で不満に思うことがあっても、
それを自分で受け止めようとはせずに、
誰かのせいにして、自分を慰めていました。

でも、状況は一向に変っていかないんですよね。
そのまま。

悔しくて、夜更けに一人で涙を流したこともあります。

それで、もう、あふれる思いを抑えきれなくなった私は、
一念発起したんです。


インターネットを使って、豊かさの流れを作り出すことを本で読んで、
一筋の希望の光が私の心に差し込みました。

その針の穴めがけて、私の充満した思いは、
激流となって向かっていくのでした。

でも、インターネットの取り組みは思いもよらず、ワケがわかりません。

私が発信する情報に対しての反応は、残念ながら、ほぼゼロ。


メルマガの読者は、妻と私のそれぞれの、ケータイとパソコンで4名だけ。

ホームページのアクセスは、1日に10アクセス以下。
私がメンテナンスで覗いたときに、
カウンターが回るだけでした。

こんな状況で、豊かで楽しい人生は手に入れることができるのか?

でも、今度ばかりは決して諦めないと心に誓っている私は、
何とか他の手を考えなければなりませんでした。

焦る毎日。
女房と息子の、心配そうな表情…。

ほとほと困り果てた私の元に、運命を変える一通のメールが…。


うだつの上がらない、どこにでもいるような、
フツーのサラリーマンの私が、しでかしてしまった、
凡人による凡人のための痛快なサクセスストーリー。

この続きは、本の中でお会いしましょう。








この本の感想をいただいています。

東京都、女性
フツーのサラリーマンが、ある「奇跡」を起こして、自分なりの幸せを手に入れるまでのストーリーと、その過程で起きた心の変化や、夢を実現させるための、ちょっとした、でもとっても大切なコツを教えてくれる、そんな本です。

ガッツリ成功しようぜ!という野心に燃える人向けというよりはむしろ、自らがフツーであることを、はっきりと認識しているような、まさに「フツーの人」にとって、身の丈に合った内容の本・・・という感じで、とっても、親しみやすくて、ウソっぽさ、わざとらしさのないナチュラルさにはとっても好感を持てました。

著者自身が、なによりも自分が手に入れた幸せに感動していて、それが、素直にあらわれているんだよね。そんなところも、本当に、フツー。

特に、がんばってもがんばっても報われない(と思い込んでいる)著者が「もうこれ以上、もやもやした思いを抱えたままで埋もれていたくない!」と、「後戻りできないほどの圧力」によって行動を開始するくだりは、私自身もかつて似たような経験をしたので、あああー、わかる・・・なぜかあるところで、いてもたってもいられなくなるんだよねぇぇ・・・なんて、リアルに思いだしたりして。

「よりよい人生にするための6つの習慣」は、どれも、あたりまえの内容なんだけど、うんうん、そーなんだよ!そーなんだよ!そーなんだよ!それぐらいだったらさ、明日からでもできるよねっ!出来るような気がしてきたよ!なんて感じで、共感できるし、まるで身近な人から諭されているような、心がぽっとあたたかくなるような、背中をポンと押してくれているような、そんな気がしました。

和歌山県、男性、Oさん
七田眞さんのブログから、水島さんの記事をみて、
「わくわく続けよう、かならず夢は手に入る!」を購入しました。

私もサラリーマンで、アフィリエイトで副収入を得ようと取り組んでいますが、
まったく反応がなく、いやになることばかりです。

しかし、本を読ませていただき、水島さんでも最初は同じだったんだと思うと安心し
ました。

行動することが大切

考えているだけではだめ、下心があってもいいから行動することが大切なんですね。

本の中には、本当にためになることが書かれています。
心の持ち方が大切なんですね。

何回も読み返したいと思います。

福岡、女性
飾らない、ありのままの水島さんの姿が、ぐいぐいと読み手の心を引き込んでいく本です。
「もうこれ以上、もやもやした思いを抱えたままで埋もれていたくない! もう、後戻りできないほどの圧力が私を押し出しました。」
その固い固い決心が、諦めない心が、小さな成功へ、大きな成功へと導いていったんだなと、水島さんの決意のパワーを感じます。
小冊子のキャンペーンのところは、読んでいてこちらまでドキドキ。
そして、その後の展開は、水島さんの情熱がいろんなシンクロを呼び寄せていると感じながら、どんどん読む手が速まります。
『誰でもできるんだよ、大丈夫だよ』
このメッセージがドーンと響く、元気がでてくる必読の書!!です。

東京都、男性
いいな〜 素敵だな
とっさんが、スーパーマンじゃないってところが良いんだよね
別世界の人じゃない、身近な存在がこうして夢を手にすることがとても大切なんだと思うんですよね。

千葉県、男性
「わくわく続けよう」拝読いたしました。
 とっても元気の出る内容でした。ありがとうございました。


三鷹市、男性
Kと申します。「わくわく、続けよう」拝読いたしました。
現在は幸せマトリックスの「怒」のエリアにいる私ですが、何とか「幸」のところへ行けるよう、マイペースでがんばりたいと思います。
どうもありがとうございました。

茨城県、男性
「わくわく、続けよう」読みました。非常に共感できる部分が多く、自分も実践したいと思っています。でも、なかなか踏み出せないものなんですよね(^_^;)
ホームページやブログも見させて頂きます。僕も努力し続けたいと思います。
では、では、では。

本読みました!とても元気になりました。
思い考え、悩んでることも、いつか何かを実現したくなる、原動力になるような気がしてなりません。

東京都、男性
とても面白くて元気の出る本でした。
ありがとうございます。

今日書店で本を見かけ、思わず買ってしまいました!
実はメルマガ1年ほど読んでるんです。
まさか、本になるとは!っとびっくりしました。
小冊子に続き、amazon1位になると良いですね!
ひっそり友人たちにも進めておきますね!
今後も楽天もメルマガ楽しみにしていますね!
毎日よく良い内容がかけるなーっと尊敬します。

シンマさん

いいな〜 素敵だな
とっさんが、スーパーマンじゃないってところが良いんだよね
別世界の人じゃない、身近な存在がこうして
夢を手にすることがとても大切なんだと思うんですよね。

宣伝させていただきますよ!


たかが、人生じゃないか!さん
す〜と入ってくる本ですね。
 出版、おめでと。
 早速、送ってくださり、ありがとうございます。
 英光舎のことにも触れてくださっており、社員で回し読みしました。
 今後の活躍、期待しています。

埼玉県、男性、Tさん
著書「わくわく、続けよう」が本日アマゾンから届き、
たった今、読み終えました。
とても読みやすい文章で、また本のタイトルの通りワクワクしながら読んでいました。

私にとって、不安になったときの処方箋になる本だと感じています
ありがとうございます。

大阪府、女性、Sさん
「わくわく、続けよう」を読んで勇気がでました。今私はある新たなことにチャレンジし始めたところですが、決意がより強く固まりました。頑張って自分に挑戦します!!ありがとうございます。

島根県、男性、斎藤さん
「わくわく続けよう」〜これ、私のこと?....  ”目からうろこ”多々でした。 この年齢(とし)〜59歳〜で...の感もしますが、いやいや年齢ではありません。

東京都、女性、Kさん
『わくわく!続けよう』、読みました。
とても読みやすく、分かりやすく、楽しかったです。
アマゾンで1位になったときのところは、実況中継をみながら
ドキドキする感覚で読みました!
本当にすごいですね。
メールマガジンも毎日読ませていただいています!
分かりやすい言葉で書かれているひとつひとつが、
自分の毎日を反省してみるきっかけになっています。
それに、毎日、というのがやっぱり嬉しいですね!!
本田健さんの毎日のメールマラソン(3万円くらい?/年)を購読していますが、
本当のところ、それと同じくらいの価値のあるメールマガジンだと思います・・・!

新潟県、男性、Tさん
 HPを見ていて著書「わくわく、続けよう かならず夢は手に入る!」
をどうしても読みたくて近所の書店で早速、購入して一気に読みました。
感動しました。沢山の重要キーワードと僕の探していた内容がぎっしり
詰まっていました。特に善循環には「ハッ!」とさせられました。
僕の大好きな言葉だからです。
ある会社の社是で「善之循環」というものがあります。子供の頃から
祖父にこの言葉を教えてもらい、祖父が死んだときにその言葉を書いた額
を父が譲り受けて今、実家に飾ってあります。
 とっさんの著書にこの言葉が出てきてズコーン!!!!と体中に雷が落ちました。
嬉しかったです。

※以降、順次掲載させていただきます。しばらくお待ちください(^^)









情報発信アドバイザー





追伸
この本の増刷のスケジュールは未定です。
ひょっとしたら、今後入手困難になる可能性大です。(汗)
ご興味のある方は、今スグ注文していただくことをお勧めします。





Copyright 2006 All Rights Reserved by TOMOHIRO MIZUSHIMA